前へ
次へ

肩こりがある時は虫歯になりやすい理由

虫歯の原因は、基本的には悪玉菌ではあります。
歯の表面に食物のかけらなどが付着していると、どうしても歯の状態も悪くなりやすいです。
しかし、実は体の姿勢も大切です。
姿勢があまり良くないと、虫歯になりやすくなってしまいますから、注意を要します。
そもそも、骨には適切な配置があります。
骨の位置が正しければ、歯の状態も悪くなりづらいです。
ところが姿勢が間違っていると、歯に大きな負担がかかって事があります。
それで噛み合わせが悪くなってしまい、歯の一部が欠けてしまう訳です。
ですから体の姿勢を正すのが望ましいですが、自分1人ではなかなか気がつかないこともあるでしょう。
1つ目安になるのは、肩こりです。
慢性的な肩こりがある時などは、姿勢を見直ししてみると良いでしょう。
肩こりの一因は、姿勢です。
体の姿勢が間違っていますと、肩こりが生じやすくなると言われています。
虫歯も同様です。
ですから肩こりが気になる時は、鏡などで姿勢を見直ししてみると良いでしょう。

Page Top