前へ
次へ

連携や協力した虫歯治療をしてくれる

奥歯に違和感があり、歯ぐきが腫れることがあれば、抜歯をすべきか、根管治療を行うべきか、決断は患者さんにあります。
もちろん、根管治療を終え、土台も立っている状態であっても症状が落ち着かないなら、被せ物をすることに躊躇しがちです。
それには理由があり、虫歯があるからです。
口腔内の環境によって治療をしても虫歯になりやすい人がいるのは確かな事実です。
ですから、リスクが高い状況では他の歯にも影響を与えたり、合併症の不安も生じるようです。
歯科クリニックでは、治療方針を患者さんと一緒に考えてくれます。
大学病院で重症となる虫歯の治療をお願いし、それ以外の小さな虫歯、歯周病治療を相談した歯科クリニックで行うなど、連携プレーで治療をすることもあります。
また、詰め物や被せ物の素材を選ぶのは歯科医師ですが、患者さんの要望も聞き入れて適した素材を選びます。
例えば、ジルコニアは金属アレルギーのある人にも安心できる素材です。
もちろん、メリットは自然な感覚、強度の強さです。
症例によって協力しながら治療を受けることができる昨今、介護が必要な高齢者に対しては出張して治療をしてくれることや、送迎を担うこともしてくれます。

Page Top