前へ
次へ

サプリを服用して虫歯を予防

お腹の中には、善玉菌と悪玉菌が生息しているという話は、とても有名です。
もちろん善玉菌は、体に対して良い役割を果たしてくれます。
お腹の中の善玉菌は、多いに越した事はありません。
悪玉菌が増えてしまうと、お腹の調子が悪くなってしまう事もあります。
ところで悪玉菌による影響を受けるのは、何もお腹の中だけではありません。
口の中も例外ではありません。
虫歯が気になる時は、善玉菌を意識してみると良いでしょう。
口の中にも悪玉と善玉が生息していますが、やはり後者の善玉の割合が多いに越した事はありません。
悪玉優勢な状態になっていると、どうしても歯の調子は悪くなりやすいです。
歯の神経部分に悪影響を与えてしまいますから、なるべく善玉優勢にするのが望ましいです。
つまり善玉優勢な状態にしておけば、虫歯になりづらくなる訳です。

川崎駅から徒歩1分と交通アクセスの良い歯科院があります

歯医者で買える専用リップ
ナビジョンDRを名古屋市東区の皆様にお届けしております

https://soin-nagoya.com
ソアン治療院は完全予約制なので待ち時間もほとんどなく、楽に通うことができます。

草加市駅からすぐの通いやすい歯医者
埼玉県で歯医者をお探しなら草加東口歯科クリニックへ

札幌・介護のお仕事紹介センターはパートの求人を多数ご紹介しています

それを考慮すると、実は殺菌剤などを口に含むのはあまり好ましくないと言われています。
確かに殺菌剤は、悪玉菌に働きかけてくれます。
ですが、残念ながら殺菌剤は善玉菌にも影響が及んでしまいます。
口の中の善玉菌が減ってしまえば、歯の調子も悪くなってしまう訳です。
善玉優勢の状態にしたいなら、殺菌剤以外の方法にする方が良いでしょう。
どうすれば良いかというと、乳酸菌が含まれているサプリを試してみる価値はあります。
乳酸菌のサプリといっても、実は色々な種類があります。
必ずしもお腹に働きかける製品だけではありません。
口の中に働きかけてくれる製品もある訳ですが、そのサプリを服用してみると、口の中が善玉優勢な状態になってくれる訳です。
最終的には、それで歯の調子が悪くなるのを予防する事もできます。
そもそも、虫歯は防げるのが一番です。
たとえその状態になったとしても、歯科医院で治療をする事はできます。
しかし治療を受けると、かなりの痛みを伴ってしまう事もあります。
治療は時間もかかりますし、普段からサプリで予防しておくのが一番良いでしょう。

Page Top